こはるねこ日和

3才の息子と8才の猫とオットと暮らす、ワーキングマザー2年生のこはるねこです。家庭と仕事の両立、がんばります!

ブラックベリージャムと家庭菜園の旬。

雨の日、息子は水たまり、という誘惑に引っかかってばかりです。誘惑に弱いタイプです。家に着く頃には長靴のなかまでびしょびしょで。長靴の無意味さにボーゼンとしてしまったこはるねこです、おはようございます。

週末、出掛けようとしたら、実家の父より着信アリ。「今、畑にいるんだけど、これから野菜持って行くから」。届いた野菜は大量の玉ねぎ。にんにく、ねぎ、きゅうり、なす。500グラム近いブラックベリー。玉ねぎは発泡スチロールにいっぱいです。今週のこはるねこ家、「実家の」家庭菜園に翻弄されそうな予感。家庭菜園の旬、やっかいであります。

そして、問題はブラックベリーです。摘み食いしてみたら、そこまで甘くないのですよね。どう食べよう?やはり、ジャム?

f:id:koharuneko:20160612161621j:image

「いつやるの?今でしょ!」(古い)と言うことで、下のレシピを参考にブラックベリーのジャムを作ってみました。ずぼらなので、そこで取りかからなかったら、父の好意を無にすることは確実で。今までも時々(ゴニョゴニョ)。ギリギリ何とかできそうな時間に帰ってこられてよかった。ほっ。


❀爽やか❀ブラックベリージャム❀ by 殿すけ [クックパッド] 簡単おいしいみんなのレシピが240万品

約500グラムのブラックベリーにお砂糖30グラムで作ってみました。ブラックベリーに対して、60%~80%の量のお砂糖を加える、という点がレシピの基本でしたが、今回は30グラムで十分おいしかったです。小瓶1瓶分できました。

野田琺瑯に入れたブラックベリーを弱火でコトコト。柔らかくなったら、ザルで濾して、砂糖を加えて煮る。簡単!

てんさい糖で作ってみました。水分が多く、ソースみたいなジャムが完成しました。牛乳で割って飲んでみたら、爽やか~な甘さがおいしい!牛乳買ってこよう。

同じものを息子に飲ませてみたところ、ブラックベリーの種が嫌だったらしく、昼寝起きの不機嫌さと相まって号泣してましたがね。お母ちゃん、気にしない。機嫌のいいときに飲ませたら美味しそうでした。

気を取り直して、ミニカー(スポーツカーのトミカ)で遊ぶ息子。

息子「今ね~ジェイ君が乗ってる(運転してる)の~」
オット「えっ!足も手も短いのに~?ブレーキに足、届いてるの?」
息子「届いてる~!」
両親「それはすごいねー」
息子「うん。○○くん(息子)すごいでしょ」
両親「自分がすごいことになってるよ、おいおい!」(突っ込む)

テンションが上がった息子はスポーツカーをパトカー(ミニカー)にぶつけ、パトカーをテーブルの上から弾き飛ばしたのでした。

息子「お母さん、パトカー乗って」
母「イヤ!弾き飛ばされちゃう!」
息子「ギャハギャハ~」

パトカー弾き飛ばすなんて、おっそろしいこと、ミニカーだけにしといてよね。現実世界では勘弁してください。

f:id:koharuneko:20160613053616j:image

父が持ってきてくれた野菜たち、頑張って食べるぞー!プレッシャーからか、大量の玉ねぎは夢にまで出てきました。本気出してきた家庭菜園の旬、おそるべし。

父が貧乏性ゆえに畑に苗を植えすぎていること、加えて、まだバリバリ働いているにも関わらず、熱心に家庭菜園に取り組んでるせいで、暴走気味な旬が訪れている、ということを、娘はきちんと見抜いていますぞよ。

父の日にはホームセンターの商品券をプレゼントして、苗を買う足しにしてもらおうと思います。火に油を注いでみようと思います。どうなるんだろう。ドキドキ。

読んでくださって、ありがとうございます。

おしまい。