こはるねこ日和

3才の息子と8才の猫とオットと暮らす、ワーキングマザー2年生のこはるねこです。家庭と仕事の両立、がんばります!

ふるさと納税 2016年① 吉備中央町

おはようございます、こはるねこです。ようやく金曜日ですね。ギブアップ寸前です。ふふふ。

ふるさと納税の寄付金受領証が届きました。

f:id:koharuneko:20160512163204j:image

岡山県吉備中央町に、ふるさと納税をしました。1万円の寄付で20キロのお米がいただけます。過去2年は5キロ×4袋が段ボール箱に入って届きました。とってもおいしいお米だったので、今年も、申し込み開始の日にスタンバイして申し込みしました。5月13日時点ではまだ申し込み可能ですよ。

その日は息子と二人、日帰り旅行中で、特急あずさに乗りながら、息子は隣の席でシールブックに夢中。母はスマホを片手に入力に必死でした。

ふるさと納税の方法 吉備中央町の場合

  1. 吉備中央町のホームページから申し込みをする。
  2. 申し込み時に支払い方法を選択する。ゆうちょ銀行での納付書払いか、吉備中央町の窓口へ現金を持参する。
  3. 申し込み時にお米の到着時期を選択する。お届けは20キロ単位。10月~3月を選択できます。
  4. 納付書が届いたら、ゆうちょ銀行にて支払い。行ける人は吉備中央町の窓口へ。
  5. 寄付金受領証が届く。
  6. お米が届く。
時期によっては、寄付金受領証よりもお米が先に届くことがあるかもしれませんね。

吉備中央町はふるさと納税をした翌年に、「今年は○月○日に申し込みを開始します」というお知らせを送ってくださるので、手帳にメモして、その日を待ちました。2016年は3月26日(土)でした。

わが家はワンストップ特例は使わずに、基本的には確定申告をします。まだ、ふるさと納税の枠があるので、寄付したい自治体を、時間のあるときに探しています。

無洗米派はお礼の品に玄米を選ぶのがおすすめ

他の自治体からのお礼のお米の到着タイミングの絡みと、真冬にお米を研ぐことが辛すぎて、吉備中央町さんにはお米のお届けを3月でお願いしています。(到着月を選べます)

共働きのこはるねこ家は、無洗米命!なのです。でも、吉備中央町のお米は研いでも食べる価値ありです。

ふるさと納税で、無洗米の扱いは少なく、あってもいただける量は少ないですよね。なので、こはるねこ家は、昨年は、他の自治体さんで玄米をチョイスし、精米機で無洗米に精米しました。冬場は楽チンでした。

共働き家庭に無洗米がおすすめな理由


  1. 時短になる
  2. 夫に任せやすい(妻の負担軽減)
共働き家庭に無洗米がおすすめな理由1は、本当にその通りです。お米を洗って、研いだ後のお水を捨てて、の繰返しが、無洗米なら、お水を入れておしまい。

理由2、手間がかからないので、夫にお任せするハードルが低いです。簡単な作業なので、オットも気楽に引き受けてくれ、わが家ではお米のセットはオットがする家事として定着しました。

共働き家庭に無洗米はおすすめですよ。

昨年は、仕事に復帰したてで、息子も体調を崩してばかり、時間の制限がなく働けた頃のようには働けず、時間のやりくり、気持ちの切り替えがうまくできませんでした。

結果的に、昨年はふるさと納税も、2つしか申し込みができませんでした。今年はふるさと納税の枠を昨年以上に活用できるように、アンテナを張っていこうと思います。

読んでくださって、ありがとうございます。

おしまい。